カテゴリー: ペット

頑固な老犬17歳の愛しい日々

我が家には17歳になるポメラニアン♂がいます。http://viziszinhaz.com/

まさかこんなに長生きできるとは思っていませんでした。

と、言うのも1歳にならないうちに急性肝炎になり、1歳過ぎたくらいから心臓が悪いことが判明しました。

そしてあれよあれよといううちに、腎臓や気管狭窄など次から次に病気になり、それからずっと薬を飲んでいます。

ですから長生きできないだろう、そう思っていました。

そんな飼い主の気持ちを知ってか、健気に頑張る愛犬に励まされ、ときには喧嘩もし、今はお互いに年をとって老老介護しています(笑)

我が家の愛犬ポメですが、食べることが大好き、一時期4キロ以上になり、コロコロしていました。

ただ、太っていると咳が頻繁に出ることもあり、お医者さんから痩せるように言われていました。

ところが15歳を過ぎたころから何もせずともどんどん体重が落ち、今はガリガリ、毛並もすっかり悪くなり、毛量もなくなり、超スリム体型で貧相なポメラニアンになりました。

そして今はてんかんも発症し、たびたび発作が起きるたび、これからどれくらい一緒にいられるのか、思い知るのです。

愛犬がシニアになり、飼い主としては色々と戸惑うこともあります。

若く元気だったころとはまるで考えを変えなければなりませんでした。

一番飼い主を悩ませているのが、頑固さです。

もともと頑固な性格でしたが、15歳を過ぎて非常に頑固で、こうと思ったら飼い主を困らせることがあります。

さらに白内障の進行も悩みです。

夕方のお散歩などは車のライトに急に驚き、尻もちをつくことが増えました。

たまに雪が降ってくることにさえ驚き、歩くことが困難なほど何度も転びます。

今は体を飼い主に急に触られることにも驚き、それが震えるほど驚くことがあるので、触る時は軽く一度足などをタッチしてから

触るように心がけています。

何よりあまり体を触らせてくれなくなりました。

老犬の飼育がこんなにも難しいことは知りませんでしたし、愛犬の老化に追いついていけない飼い主がいます。

最近は老犬になって手放す飼い主が非常に増えているそうです。

その理由としては、病気で苦しむのを見たくない、死ぬのが怖い・・・とても身勝手極まりない飼い主が多いようです。

私は愛犬を昼間ひとりぼっちで留守番させていますが、気が気ではありません。

いつどうなっても仕方がない、そう心の準備をしてはいますが、いつまでも一緒にいたい思いです。

愛犬の行動の意味について

犬の行動には色々な意味があります。いくつか簡単に紹介します。http://worldangusforum2017.com/

 まずは、甘噛みの行動ですが子犬の時によくあることでコミュニケーションの取り方を勉強している時です。頻繁に甘噛みをして問題になるようならトレーナーに相談してみましょう。

 次が同じ場所をグルグル回ることですが、健康上に問題を抱えている場合が有ります。また自分のシッポを追いかけて遊んでいる事もあります。愛犬が衝動的に回り続ける様なら問題がある可能性があります。他のも理由が考えられ、高齢犬の場合は毒を摂取してしまったり脳腫瘍になったりすることがるので、動物病院で診察を受けましょう。

 次が穴を掘る行動ですが、様々な理由があります。涼しくて横たわれる場所を作るためや物を隠すためなどです。室内犬は床やソファーなどをひっかいて横になる仕草を見かけますが、この理由からです。ごく普通の行動ですが家具など傷つけてしまう場合はトレーナーと訓練する必要があるかもしれません。

 次が頭を壁に押し付ける行動ですが、この姿を見たら注意が必要です。頭を押し付けるている行動は毒物中毒や脳の病気など複数の重大な問題の兆候です。動物病院の医師に相談しましょう。

この他にもまだあります。愛犬は話すことが出来ないので仕草などで飼い主が理解してあげる必要があります。時には重大な病気のサインの場合もあるので、行動がいつもと違えば動物病院などで相談してみた方が良いかも知れません。