カテゴリー: 口臭

口臭の悩みと解決方法

わたしは40代の男性です。会社員をしています。30代の頃、胃を悪くして一週間ほど入院していました。退院したのち、会社の上司から口臭の指摘をうけました。わたしは営業をしていたので、上司が気にして言ってくれたとはわかったのですが、とてもショックを受けました。

アリートの効果は評判以上!

それ以来、会社で昼と夕方に歯を磨き始めたのですが、完全には治りませんでした。

テレビで歯周病が原因と見たので、わざわざ歯医者にも行きました。しかし、歯周病はそれほどででもないと言われました。それ以来わたしは常にマスクをし、その下でガムを常時噛むようになりました。そのことによってある程度は抑えられていたのですが、ある日お客様から態度が悪いとのクレームがきてしまいました。その原因はマスクとガムです。

自分も悩んで結局再び胃が悪くなってしまいました。その胃腸科の先生に口臭のことを相談してみたところ、その口臭は胃からきているのではないかと言われました。胃をしっかり治して、とにかく少しずつでも胃の水分を切らさないようにと指導を受けました。

それ以来、ペットボトルで水やお茶を持ち歩き、一時間ごとに水分を補充するようになりました。そうすると以前は夕方になんとなく異臭を発している感じが全くなくなった気がします。マスクも常に付けることはなくなったのです。今も継続して続けています。

口臭の原因や対策をご紹介

自分の口臭のせいで人に迷惑をかけているのではないかと心配になることがよくあります。https://tips.jp/u/sayurin/a/cyura-tooth

口臭が強いことは自覚しているのですが、なかなか対策ができません。思いつくことは、歯磨きをしっかりとすることくらいですが、それだけでは不十分のようです。そこで、口臭の原因について調べてみました。

すると、原因は口の中に棲みついたバクテリアとのことでした。よく歯磨きをしたとしても、口の中には2,000億個程度のバクテリアがいるようです。バクテリアは、健康に生きる上で必要な微生物ですが、バクテリアの活動の副産物として、「揮発性硫化化合物」というガスを発生するのです。

それが、口臭です。口臭対策は、口の中にいるバクテリアの量を減らすことが大切だそうです。また、バクテリアの繁殖を抑えてくれるのが唾液です。唾液の量は人により個人差がありますが、ストレスを抱えていると唾液の量が減るようです。リラックスすることが大切なのですね。

さて、対策ですがまめに歯磨きを欠かさないことと、歯間ブラシを併用すること、マウスウォッシュなどを使って、舌のケアもすることが大切なようです。また、舌ケアようのヘラを使って舌をキレイにすることも大切です。

口の中の臭いのリセット

臭いのケアとしてはやはり口の中というのを気にするということなのでしょう。http://www.jardinsgourmands.com/

そんなときにやるほうがよいこととしてあるのがうがいです。口臭のことですが、これは病的口臭でなければ水のうがいでも意外と上手くケアすることができるようになります。最近では沢山のうがい薬的なものが売っていたりしますから、それを活用するようにしましょう。臭いとして口の中が臭うというのは意外と自分ではなかなかわからないことがあります。わからないこそ、しっかりと自分で意識してケアしていくということが重要になるわけです。

基本的には何と言っても口の中の匂いケアということになりますと歯磨きが一番ということになります。

そして、ブレスケアのいろいろな商品を試してみるということも良いでしょう。臭いというのは、とにかく良い香りにしようと考えるのではなくリセットするということを考えるようにしたほうがよいでしょう。上から匂いを重ねがけするというよりはリセットをするという事の方が良かったりするのでこれは口の中に限ったことではなく体臭などにもいえることですから、覚えておくとよいでしょう。

においを消すことを意識して、行動をするということにしたほうがよいでしょう。

口臭の原因はさまざまである

口臭の原因は人それぞれです。虫歯のある人、歯周病。胃が悪い人。ブレスマイルウォッシュ

歯磨きをしない。体調が悪い。コーヒーとタバコをよく摂取してる人も口臭の原因になります。

朝、夜、必ず歯磨きをする。歯磨きは外部的なケアになるので、やはり体内のケアも必要です。食生活の改善も必要です。

よく手を舐めて匂いを嗅ぐと自分の口臭のチェックになると聴きますが、あれは誰がやっても臭いので意味があるかは個人的にはわかりません。リステリンを毎日一回でいいのですると効果ある気がします。後は、やはり歯がガチャガチャな人は口臭がきつい印象があるので、歯並びを治すか、治療をお勧めします。私は定期的に歯石を取ってもらったりと歯医者に定期検診は行ってます。虫歯かな?と思ったら歯医者にいきます。毎日の積み重ねで口臭は抑制されると思いますので、気になる方は是非してみてください。

人と話す仕事の方は尚更気にした方がいいです。最近ではマスクをするのは常識ですが、それでも匂う方はいます。空腹だと胃酸が出て臭うと聴いたこともあるので、ダイエットしてる方も気をつけた方がいいかと思います。二日酔いの次の日もやはり口臭がきつい印象を受けるので深酒もやめた方いいでしょう。接客業してる方はお客さんに悪い印象を与えます。接客前はリステリンか歯磨きをお勧めします!

自分の口臭をチェックしましょう!

接客業とかビジネスマンなんかではよく人と話すことになりますが、そんなときに相手に自分の口の臭いがよくないと思われると嫌ですよね?
それこそビジネスに影響してきてしまうことがあるくらいです。口臭対策もそうですが、そもそも自分の口の中は臭いのか?どうなの?というのをチェックしましょう。

ブレスマイルウォッシュを使う効果

セルフチェックの方法を知るようにしましょう。まずは誰にでもできる簡単な方法としてコップのニオイを嗅ぐってのがあるんです。まず最初にコップの中に自分の息を吐いてみましょう。そして、吐いた息のニオイをチェックします。これだけです。そのときに臭い感じがしたのであれば自分の口の中が臭いと判断できます。
実に単純なやり方ではありますが誰にでもできるものです。

もう一つ、よい方法があります。自分の舌を見ることです。舌であれば鏡で見ることができるでしょう。ピンクであればよいのですが、白い場合は気にしたほうが良いです。白い苔のような物がついている場合は口臭が出ている可能性が高いですから、しっかりと注意するようにしましょう。ちなみにこの白いのを舌苔といいます。舌に歯磨きをするのも効果的。舌磨きは割りと素早く効果が期待できることになります。

元歯科助手経験者の目線で考えた!口臭について

【口臭がする・きつくなる原因!】

1.臭いのキツイものを食べた

 ニンニク、ニラ、玉ねぎやお酒など、臭いがキツイものを摂取した後で口腔内に臭いが残っているパターンです。胃腸からも臭いが上がってくるので、翌日~翌々日くらいまで臭いが残ることもあります。臭いがキツイものを毎日摂取している場合、本人は慣れてしまいますが、周囲からすると常に口臭がしていて煙たがられている可能性があります。かく言う筆者もニンニクが好きですが、患者様のお顔と近い職業柄とても迷惑になるため、翌日が休みの日しか食べていませんでした。

http://shonan.itigo.jp/

2.口腔内の乾燥

 口腔内の乾燥が原因で臭いを放っているパターンです。虫歯の無い健康な人でも、日頃口にする物から少なからず雑菌が入って潜在しています。暑さや緊張、水分を長時間取れない状況などにより口腔内が乾燥すると、それらの雑菌が原因で多少臭いがします。こまめな水分補給を心がけ、常に口腔内を潤しておくと臭いが抑えられます。長時間歯磨きが難しい時は、マウスウォッシュの使用がおすすめです。使い切りタイプの持ち運びが便利な物も増えてきているので、お手洗いに行った際に使えます。

3.虫歯・歯周病など口腔内トラブル

 口腔内に繁殖した雑菌が原因で臭いを放っているパターンです。定期的な歯科検診や口腔内トラブルの治療をすることで、軽減・改善が可能です。

4.胃腸やその他臓器の不調

 身体内部の不調が原因で臭いを放っているパターンです。健康診断や人間ドックを定期的に受け、治療すれば軽減・改善が可能です。

【自分の口臭度合いを知る方法!】

1.マスクをして上向きに寝転んでみる

 意外と自分の吐く息がマスク内にこもり、気付く事があります。自分で気付くという事は、周囲の人とそれなりに近い距離や狭い空間内で会話をした時には、おそらく口臭がしています。

2.口臭チェッカーを使う

 口臭の度合いを口臭チェッカーを使い、数値にて確認することが可能です。歯科医院で計測してくれたり貸してくれたりする所もありますが、最近は2~3千円で購入できるので、手元に一台あっても良いと思います。

【まとめ】

 口臭の原因は老若男女問わず十人十色で、色んな悩みを抱えた方をみて来ました。口臭が気になる、周りに「うっ…」と思われたくない方は、清涼菓子や口腔内スプレーで誤魔化すのではなく、日々できる事から一つずつ改善していくと良いと思います。

口臭はやはり基本の歯磨きでほぼ解決できる

皆さんは口臭を指摘されたことありますか?ブレスマイルウォッシュ

どんなに仲良くても臭いってなかなか他人に指摘しにくいと思います。わたしも友達が実際顔を近づけた際すごく気になりましたが、指摘できず我慢したことがあります(笑)

さらっと指摘できたらお互い気持ちの良い時間を過ごせますが、言葉で伝えるのって難しいですよね。自分では中々気づきにくい分知らないうちに嫌な思いをさせている、なんてことはできるだけ避けたいものです。

口臭の原因について調べていくと、意外な事実も判明したのでご参考までに。

原因としては、唾液の分泌が大きく関係しています。唾液の分泌が減ることにより食べ物のかすや歯垢がつきやすくなることによって口臭が発生します。それだけではなく、女性は生理周期によって独特の口臭が発生することをご存じでしたか?女性は生理周期により、エストロゲンの分泌が大きく変わります。ただでさえ生理って気分が大きく変わったり体調もかわってくるのでつらいものなのに、口臭までもきにしないといけないなんて世の女性は本当に大変ですよね。

でも、安心してください。このホルモンによってでる口臭は、歯磨きでほぼ解決できます!

やはり、基本的には口の中を清潔にすることが第一です。こまめな歯磨きと乾燥を防げば、半分以上は口臭の悩みが消えます。食べたら歯磨き☆まずは基本をしっかりしましょう。

口臭予防は、舌ブラシから

朝起きたときに、自分の口の中が気持ちが悪いことはありませんか。

私は、毎朝気持ちが悪いです。http://www.stadiumbargrill.com/

私には、もともと鼻づまりの症状があり、睡眠時に口を開けているのでしょう。

朝は、口がカラカラに乾き、口臭も強い気がします。

そのため、起きがけに、まず歯磨き粉を付けずに、軽く歯磨きをします。

それから、朝食後も歯磨きをしますが、その時は歯磨き粉を付けて、しっかり磨きます。

歯磨きは、朝、昼、夜の食後に行いますので、起き掛けの歯ブラシを入れると、

計4回行うことになります。

おかげで、歯科医院には、年に一回程度、歯石を取りに行く程度で治まっています。

歯磨きの他に、口臭予防として行っているのは、舌ブラシです。

歯と舌は同じ口の中に存在し、舌に付着する舌苔は、歯磨きで落としきれない歯垢が原因で増加する傾向があります。

また体調が優れないときなども、舌苔が増加するとも言われています。

その舌苔も口臭を強くさせる原因となるので、舌ブラシでの口腔清掃を行うようにしています。

しかしながら、舌ブラシも毎日行うと、舌が傷ついてしますので、週に2~3回程度行っています。

舌苔に対して、それほど神経質になることはないと思いますが、舌苔を減らして、毎日美味しい食事を摂りたいですね。