元歯科助手経験者の目線で考えた!口臭について

4月 19, 2021 口臭

【口臭がする・きつくなる原因!】

1.臭いのキツイものを食べた

 ニンニク、ニラ、玉ねぎやお酒など、臭いがキツイものを摂取した後で口腔内に臭いが残っているパターンです。胃腸からも臭いが上がってくるので、翌日~翌々日くらいまで臭いが残ることもあります。臭いがキツイものを毎日摂取している場合、本人は慣れてしまいますが、周囲からすると常に口臭がしていて煙たがられている可能性があります。かく言う筆者もニンニクが好きですが、患者様のお顔と近い職業柄とても迷惑になるため、翌日が休みの日しか食べていませんでした。

http://shonan.itigo.jp/

2.口腔内の乾燥

 口腔内の乾燥が原因で臭いを放っているパターンです。虫歯の無い健康な人でも、日頃口にする物から少なからず雑菌が入って潜在しています。暑さや緊張、水分を長時間取れない状況などにより口腔内が乾燥すると、それらの雑菌が原因で多少臭いがします。こまめな水分補給を心がけ、常に口腔内を潤しておくと臭いが抑えられます。長時間歯磨きが難しい時は、マウスウォッシュの使用がおすすめです。使い切りタイプの持ち運びが便利な物も増えてきているので、お手洗いに行った際に使えます。

3.虫歯・歯周病など口腔内トラブル

 口腔内に繁殖した雑菌が原因で臭いを放っているパターンです。定期的な歯科検診や口腔内トラブルの治療をすることで、軽減・改善が可能です。

4.胃腸やその他臓器の不調

 身体内部の不調が原因で臭いを放っているパターンです。健康診断や人間ドックを定期的に受け、治療すれば軽減・改善が可能です。

【自分の口臭度合いを知る方法!】

1.マスクをして上向きに寝転んでみる

 意外と自分の吐く息がマスク内にこもり、気付く事があります。自分で気付くという事は、周囲の人とそれなりに近い距離や狭い空間内で会話をした時には、おそらく口臭がしています。

2.口臭チェッカーを使う

 口臭の度合いを口臭チェッカーを使い、数値にて確認することが可能です。歯科医院で計測してくれたり貸してくれたりする所もありますが、最近は2~3千円で購入できるので、手元に一台あっても良いと思います。

【まとめ】

 口臭の原因は老若男女問わず十人十色で、色んな悩みを抱えた方をみて来ました。口臭が気になる、周りに「うっ…」と思われたくない方は、清涼菓子や口腔内スプレーで誤魔化すのではなく、日々できる事から一つずつ改善していくと良いと思います。

投稿者: sazi